写真を見て愕然、10年前と同じ私?

先月ニューヨークに遊びに行きました。
女二人の気楽な旅で、彼女とは10年前にも一緒にニューヨークを訪れていました。
前に行った場所にもう一度行こうと、セントラルパークやメトロポリタン美術館、自由の女神などを観光し、
前と同じところで同じポーズで写真を撮りました。
たくさんの写真を撮り、帰宅したあと、私は10年前の写真と見比べて愕然としました。
老けていたのは当然なのでさほどショックはないのですが、そんなことよりも「ウソ!」と叫んだのは、
10年前と全く同じ服装だったことです。
コート、マフラー、ブーツ、おまけに下に着ているセーターやパンツまで何もかも同じで、しかも同じ観光地で同じポーズで撮ったものですから、
見比べると何かおかしな感じでした。
日頃からものを捨てられず溜め込んでいつのはわかっていたのですが、溜め込み過ぎてまさかこんなことになっていたとは。
折角の観光も10年前と同じ服装の写真だと一気にテンションが下がってしまいました。
友人は写真を見比べて大笑いし、私は落ち込み過ぎて言い訳もできませんでした。
このままじゃきっとまた同じことを繰り返すに決まっている、そう思った私はようやく断捨離をする覚悟をしました。
押入れや洋服ダンスを開けると、出てくる出てくるたくさんの衣類が…勇気を振り絞って捨てる作業を始めましたが、捨てながらこう思いました。
捨てるほど洋服を持っているのに、何でよりにもよって10年前と同じ服をチョイスしてニューヨークに持って行ったんだろう、と。
だけど、恥をかいたからこそ捨てる気になったんですから、これはこれでよかったのかもしれません。